令和2年4月1日

 

各 位 

 

「今後の北の天文字焼き」に関するアンケートのお願い 

 

  

                                               北の天文字焼き実行委員会

                                                 実行委員長 横澤 博

 

  本年2月8日(土)に開催いたしました「北の天文字焼き2020」は、皆様のご協力、ご支援のもと無事に終了することが出来ました。2017年のギネス世界記録認定(2017)を受け、市民の皆様はもとより道内外からの点火体験者も多数ご参加いただきました。平成元年から23回開催、2年間の中断をはさみ再開後、今回で通算30回目の節目を迎えることができたことに心より感謝申し上げます。 

 

さて、例年、次年度以降の開催に向けての参考にするため、点火や見る広場等について協力団体に対しアンケート調査を実施し都度改善を図ってまいりましたが、再開から7年目の現在、主力協力団体である「王子マテリア名寄工場」及び関係会社の移転問題が突然発生し、来年以降の開催が危ぶまれるところです。 王子マテリア関係の方々<1015名程度>には、北の天文字焼きの担当部門として、当日朝のドラム缶の設置作業および夜の点火作業、翌日朝のドラム缶回収作業を、リーダーとして取り仕切っていただきました。)   

 

  実行委員会としては来年度以降も開催したいと考えておりますが、中核になる人材(組織だった団体)無しには難しいとの見方もありそうした状況のもと、今後の開催について、広く一般市民等にも本アンケートによりご意見をいただくことといたしました。 

 

つきましては、多くの皆様に率直な意見を寄せていただきたく存じますのでご協力のほどお願いいたします。

 

 

  

※なお、原則、無記名での回答となっておりますので、忌憚のないご意見をいただければ幸いです。

 

(協力団体様につきましては、従来は集約をしていただいての回答も可でしたが、今回はできるだけ個々人の回答でお願いします。)

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

回答は、4月25日(土)までに、メールまたは下記のFAXにてお願いいたします。

     事務局: 北の天文字焼き実行委員会

          Mail   space-yo@amail.plala.or.jp    FAX  01654-8-7845

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

北の天文字焼き実行委員会 行き

 

   【アンケート】 

   1.今年で30回を迎えましたが、人材不足のままでは開催が難しくなります。今後の「北の天文字焼き」の継続に    

      ついてどのように考えますか?  <複数選択・・・可>

         ① 人手やお金がかかり継続が無理なら、中止もやむをえない。

        ② 道北の冬の風物詩となっており、楽しみにしている。なんとか続けてもらいたい。

              ③ 名寄の冬の観光に欠かせない存在であり、行政(市)が中心になって続けてもらいたい。

       ④ 「なよろ観光まちづくり協会」と行政(市)が協力する体制を取り、続けてもらいたい。

       ⑤ よくわからない

       ⑥ その他 (                             )

  

   2.<設問1.で 続けるほうが良いと答えた方にお聞きします。>

 

  王子マテリア関係の担当部門 (ドラム缶の設置、点火、回収作業のリーダー <1015名程度>) 

    補完方法について、ご意見・ご提言はありますか?  <複数選択・・・可>

 

       ① 別な大きな会社や団体(市職員や自衛隊OBなど)に必要な人員をお願いする。

       ② 市民に広く呼びかけるだけでなく、全国に公募し作業参加者を募る。

       ③ 観光対策の一環として、作業参加者に日当を払う形での実施を考える。

       ④ よくわからない

       ⑤ その他 (                           )     

 

       3. 現在「北の天文字焼き」は市民有志が作った任意団体の実行委員会として、行政から一部補助金を受け

           ながら実施されています。再開後の事務局は「社会福祉法人 名寄みどりの郷」様のご厚意によりお願いし

           てきましたが、本来の業務の支障となっています。事務局体制についてお尋ねします。

 

       ① 行政(市)や「なよろ観光まちづくり協会」など、公の団体が事務局を担うべきだ。

      ② あくまでも市民イベントとして、事務局はこれまで通り民間で行うべきだ。

       ③ お金を出して、きちんとしたところにお願いすべき。

        ④ よくわからない

           ⑤ その他 (                              ) 

 

        4. その他、「北の天文字焼き」についてのご意見をお聞かせください。

 

   

 

 

 

  

        5. 貴方の事を教えてください。 (該当事項を○で囲んでください。)

      (1) ① 名寄市民  ②名寄市以外

        (2)  ① 男性 : 20歳未満 ・ 2040歳未満 ・40歳~60歳未満 ・ 60歳以上

               ② 女性 : 20歳未満 ・ 2040歳未満 ・40歳~60歳未満 ・ 60歳以上

        (3) 団体名 (                        )